不動産投資の概要

◎不動産投資は敷居が高い?

賃貸住宅などに投資して家賃収入を得る不動産投資は、投資に必要な金額が小さくないことから敷居が高いと感じている人も多いのではないでしょうか。

実際、賃貸住宅を購入して入居者からの家賃収入を得ることを目的とする不動産投資では投資額も数千万円以上になるのが普通です。

ただし、実際には投資対象となる不動産に担保(抵当権等)を設定することで銀行から低い利息で融資を受けることができるため、

ある程度の頭金を準備することができれば不動産投資をスタートさせることはそれほど難しいことではありません。

◎不動産投資の利点

銀行への支払いと投資不動産の維持費用を上回る家賃収入を得ることができれば、プラスのキャッシュフローを得ることも可能です。

不動産投資の魅力は、一度入居者を確保することができれば長期間にわたって安定的な収入が見込めることです。

入居者の募集や物件の管理などは不動産仲介業者や管理会社に一任して維持にかかる手間暇のコストが低くできるのも魅力です。

◎不動産投資物件の選び方

具体的には、物件そのものの状態を吟味することはもちろんですが、物件の周辺の状況を見ることも大切です。

投資物件の周囲に大学や大企業の営業所や工場がある場合には、そこに通う人が入居物件を探すことになるので安定的な入居者の流入を期待することができます。

また、不動産投資を始めるタイミングも大切です。一般的に、不況時に不動産投資を始めるメリットは大きいといえます。

不況時には住宅購入価格が低下するほか、銀行の利息も下がり、入居者も持ち家を手放して賃貸に切り替える人が多くなるためです。

◎不動産投資の魅力

多くの入居者を得ることができれば、その後の不動産価格の上昇を期待することもできます

(投資不動産の物件価格は入居者の需要によって決まることが大半です)。

不動産価格上昇後に物件を売却してローンを完済し、別のより魅力的な投資対象に再投資するというサイクルで、

投資収益を安定的に増やしていくことも夢ではありません。

債券の基本

債券の基本

債券とは国や公的機関、地方公共団体、企業などが資金を借り入れて発行する借用証書です。その借用証書は譲渡できます。

 

額面金額 購入単位金額のことで償還日に戻ってくる金額
表面利率(クーポン) 額面に対して毎年受取る利息の割合
償還年限 発行から償還までの期間
利払い日 利息の支払い日 年2回が一般的
途中換金 可能
債券の価格変動 額面100円につきいくらでと表示される。
単価とも呼ばれ市場金利や発行体の信用度によって変動する。

債券は購入から償還まで保有した場合、予め約束された利息と元本が戻ってくることになっているため将来の資金計画が立てやすい特徴があります。

債券の発行体 (矢印が下に行くほど信用度が低く、表面利率が高くなる傾向)

 

国債

日本国政府

地方債

地方公共団体

金融債

金融機関

社債

企業

外国債券

外国政府、企業など

債券の信用度と表面利率

破綻や債務不履行のリスクが低いほど債券の信用度が高く、表面利率も低くなり価格も上昇する傾向があります。

例えばAさん、Bさん2人いるとします。Aさんは公務員、Bさんは無職とすると返済不履行のリスクは当然Bさんの方が高いです。

BさんはAさんよりも利息を多く支払わないと誰もお金を貸してくれません。債券もこれと同様に考えると分かりやすいでしょう。

債券の分類

債券は利付債と割引債に分類されます。

利付債は、利払い日に利息が支払われ償還時に額面金額が戻ってきます。

割引債は利息がない代わりに額面金額から利息分を割り引いた額で購入できます。

債券の利回り計算

元本に対して1年に何%の収益を生み出すかを表す計算方法を見てみましょう。

●応募者利回り 新規で発行された債券を償還まで所有した場合の利回り

計算式 〈[表面利率+{(100-発行価額)÷償還までの年数}]÷発行価額〉×100
例)表面利率2% 償還年限10年 単価100円
〈[{2+(100-100)}÷10]÷100〉×100=2%

●直接利回り 購入金額に対する毎年の利息の割合

計算式 (表面利率÷購入価格)×100
例)表面利率3% 単価98円
(3÷98)×100=3.06…%

この2つは債券の利回りを見る基本の計算式になるので覚えておきましょう。

債券価格と金利・景気は関連している

債券価格と金利は日々変動していて互いに逆の動きをすると言われています。

saiken-keiki

景気過熱時は企業の資金需要が高まるため債券を売却する動きが増え、価格が下落します。逆に景気低迷時は資金の需要が減退するため、債券を購入する傾向があり価格が上昇すると言われています。

債券投資に向いている人

債券は株式やFXのように短期売買ではなく、長期間の運用が前提となるので日中忙しい会社員や安全志向の投資家向きと言えます。

債券にもリスクはあります。

●信用リスク 発行体が破綻しデフォルト(債務不履行)になるリスクです。

●価格変動のリスク 償還まで保有せず途中売却をする場合は時価による売却になるため損失を被る可能性があります。

●流動性のリスク 取引が活発でない状態では売却できない、もしくは債券価格が低くなる可能性があります。

債券投資はできるだけ早く始める方が有利

債券投資は長期で運用するほど利息が得られるため60代以降よりも20代~40代の若い世代向きの資産運用です。

一昔前のように預金金利が6%程の時代と違い、超低金利時代の現代では定期預金をしているだけでは資産運用をしているとは言えません。

自分のリスク許容度やライフプランに合わせて債券を選び、賢く堅実に資産運用をしましょう。

教育資金の非課税特例

教育資金の非課税特例により齢世代に偏在している資産を早期に若者世代に移転し、主に教育資金として活用されることが期待されています。

教育資金の非課税特例の概要とその注意点をご紹介したいと思います。

1.制度の概要

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に、直系尊属(祖父母や実親)から子や孫へ教育資金を一括贈与する場合に、

この特例を利用することで贈与額の1,500万円までは贈与税が非課税となります。

1,500万円の範囲であれば複数回の贈与であっても適用可能です。

教育資金の範囲は、

①学校等に直接支払われる入学金、授業料その他の金銭
②学校等以外の者に、教育に関する役務の提供として直接支払われる金銭その他の教育のために直接支払われる金銭

とされています。

2.制度の注意点

①贈与者の要件を確認する

贈与者の要件は、受贈者の直系尊属であること、または受贈者の養親およびその養親の直系尊属である必要があります。

※尊属とは父母、祖父母などの自己より上の世代の親族をさします。

②教育資金管理契約が必要

教育資金の費課税特例を利用するためには金融機関での口座開設が必要であり、その口座を通じて教育資金の管理を長期間にわたり管理します。

そのために金融機関と締結する契約が教育資金管理契約です。

また、贈与財産は取扱金融機関の種類によって異なりますので注意が必要です。

受贈者が満30歳に達した時点で、「教育資金管理契約」が終了し、その時点で口座残高の残金に対して贈与税が課税されます。

口座を開設できるのは受贈者一人につき一営業所ですので複数の金融機関で口座開設できませんので注意が必要です。

③教育資金の払い出しと支払

受贈者は、教育資金の支払に充てた金銭に係わる領収書その他の書類または記録を取扱金融機関の営業所に提出しなければなりません。

これらの書類の提出がないと、その部分の教育資金の払い出しと支払については課税対象となるため注意が必要です。

キャッシングをWEB完結

キャッシングをWEB完結で済ませられることを知っていますか?どんなキャッシング業者でもネットのみを用いて済ませられるワケではありませんが、名前を聞いたことのあるような業者ならばだいたい対応しています。部屋でくつろぎながらお金を借りることができるなど、非常にありがたいことですね。

ちょっとの間で借り入れや返済が簡単にできるのでお困りのときはぜひ、使ってみて下さい。あまりご存じないかもしれませんがキャッシングは主婦でも利用できる会社もあります。
もしあなたがパートやアルバイトをしていたら、月々給料をもらっている場合、キャッシングできる場合がほとんどです。
専業主婦で収入がないというあなたでも、あなたのだんな様の収入が証明することができればキャッシングOKになる場合もあります。

気を付けないといけないのは、同意書など用意しなければならないこともまあまああります。

近ごろ巷では、1から10までスマホでOKな、お手軽キャッシングの会社も少なくありません。必要になったらすぐスマホで申し込みができ、本人確認は写真の送信でOKで、審査でOKがでたら、自分の口座に振り込まれるのを待つだけです。
特に便利なのはアプリ対応をしている会社で、本当なら面倒なはずの手続きがびっくりするぐらいあっさり済ませられるでしょう。

キャッシングはATMからでも申し込みができます。コンビニへ行ったその足で融資の申し込みや借り入れをする事ができますから非常に便利です。キャッシングが使いやす過ぎて、借り入れをしている意識が薄れがちになるかもしれません。とはいっても、しっかりと考えて利用するようにすれば突然お金が必要になってしまっても、無理なく生活する事ができるようになるでしょう。

融資を受けるために審査なしの業者は、闇金にエラーありません。
担保などがないのがキャッシングですから、審査をすることによって返済できるのか確認しています。
返済が難しいと思われる人には貸付しないようにしないと、業者が潰れてしまうでしょう。

要するに、審査をしないでお金を貸してくれる業者はお金を返してもらえる自信を持っているということです。キャシングの利用額をオンラインで確認すると、家族に見つかることなく借り入れを行うことができるはずです。キャッシングを使うことは非社会的なものではありませんが、中には、家族に気づかれたくないという方も少なからずいます。利用記録が郵送されてきて隠し切れないということがないようにWEB明細サービスを使用するのがベターです。

キャッシングを検討の際に注目なのが、銀行系のキャッシングサービスです。

大手銀行が運営しているキャッシングサービスでは、多くの場合、金利が安く、安心して利用できますよ。

厳しい審査で有名な銀行系の業者ではサービスを受けられない場合には、知名度のあるキャッシング業者を利用するとよいでしょう。事前に評判をリサーチするのも欠くことができません。

キャッシングではアルバイトやパートといった非正規雇用の人収入があればお金を借りられます。

毎月一定の収入を得られる仕事に就いていれば、月々の返済がしっかりとできるとみなされるため、審査に通ることが出来ます。審査に通ったからといって、油断せずにキャッシングをしないと、後々、お金を返せなくなり困ってしまいます。簡単に借りれたからとつい忘れがちですが、キャッシングは借金なので、返済を怠ると、大変なことになります。
返済方法(キャッシング)はそれぞれのキャッシング業者がそれぞれの方法をとっているでしょうが、ATMから返す方法が選べたり、銀行への振り込みでの返済、口座引き落としなどの返し方が、代表的でしょう。口座引き落としでの返済は、返すことをうっかり忘れることなく確実ですが、返済金額分が口座に入っていなければ、延滞になってしまうことも当然でしょう。

キャッシングで融資を受ける前に、業者をそれぞれ比較することで、よく考えて選んだほうがいいでしょう。

一番のポイントは金利となりますが、返済手段や返済が延滞し立ときの遅延損害金などもチェックして下さい。

本日では、はじめて使う人限定で、期間によってゼロ金利の業者もいるので、融資を受ける前に各種の業者を調べるようにするとよいでしょう。